介護保険法が施行されて3年が経過しました。これまでの高齢者保険福祉サ−ビスは、税金を財源とした行政による『措置制度』で、サ−ビスの提供者は地方自治体・社会福祉法人に限定されていましたが、介護保険では、在宅サ−ビスの分野に民間の参入が可能となりました。

民間企業にとって介護事業は、大きなビジネスチャンスになっています。

介護施設は、他の建築物とは異なり、建築における規定が多く、また行政への申請も必要となるので、ノウハウがないと建てることさえ出来ません。
安川建設は、その介護施設の設計、建設においてのノウハウはもちろん、さらに提携の介護事業会社より介護事業におけるコンサルティングや協力機関により理想の土地、物件情報等もご提案します。



安川建設は介護事業への参入をご検討されている方々のニーズにお答えして介護福祉施設の建設から開業までトータルサポートいたします。

開業候補地・物件を探している事業主様(介護事業者)と、有効活用を考えている土地オーナー様をジョイントします。豊富な土地・建物情報を提供し、新規開業に最もふさわしい立地、物件を提案しています。
土地価格の低い地域ではよくみられる開業スタイルです。
建物は新規に建てられますので、意向に添った施設づくりができます。
土地と建物をまるごと借りるスタイルで、初期投資額を大幅に削減!


介護事業をお考えの方、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちらより



相続などで土地を手に入れたり、子育てを終えて家の中に大きな空きスペースができてしまった。また、事業の再構築のため遊休地ができてしまったといった場合、土地を有効に使いたいと考えたことはありませんか?
例えばそのほかに・・
  土地を売ると税金が大変。何か良い方法は?
  郊外に持っている土地を有効に利用したい。
  税金も大変だし、広い敷地の一部を上手に活かしたいのだが?
  有効利用はしたいけど、マンション経営はやりたくない。



例えば、高齢社会の要請に報えて空き地に老人福祉施設を作ってみたり、住居人のいなくなった家の1階部分をリフォームしてデイサービス事業所を始めて、社会に貢献し、しかも収益をあげるといったモデルが考えられます。

地主様に施設を建設して頂き、運営は介護事業者が行うことになります。 一括借り上げで、毎月の家賃は保証されますので、資金計画も的確に行えます。

安川建設は、介護施設を建設する地主様と介護施設を運営する介護事業者とのマッチングを行います。

介護施設建設においてのメリット、立地条件
メリット
●安定収入 ●需要に対して供給が少ない ●相続税、節税対策
立地条件
準工以上の地域であれば問題ございません。
施設の必要面積
グループホーム/デイサービス 100坪以上
複合施設(Gホーム+デイサービス) 150坪以上
複合施設 or 有料老人ホーム 250坪以上
大型有料老人ホーム 500坪以上




土地の有効活用をお考えの方、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちらより


Copyright (C) 2004 YASUKAWA CONSTRUCTION CO.,LTD